スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猫ジャンヌも秘書も、深く傷つけられました。富士急行線富士山駅駅員の言葉

猫ジャンヌも秘書も、深く傷つけられました。富士急行線富士山駅女性駅員の言葉

11115Clipboard01.jpg
ねえ聞いて、ひどいのよ。ジャンヌたち、傷ついたの。

フジサン特急S0452057
先日秘書がジャンヌの一歳のお祝いに河口湖に連れて行ってくれ、憧れの富士急線に乗った。
しかし、富士山駅切符売り場のお姉さんは、キャリーバックから顔を出している私を見て、猫ジャンヌと目が合ったにもかかわらず、手のひらで私を指して「その手回り品、料金が別にかかりますから。」って言ったの。

500S0502062.jpg
(虚しすぎて外しか見れなかった。)
とても虚しかった。手回り品、、ジャンヌってそんなもの(涙)。

500S0472059.jpg
JRでも私を見た駅員に、同じ名称の切符手回り品だが「動物は別料金かかります」と言われた。このときは、うごくものか、と思ったけど、、今度はただの物。私のこと、指差して「手回り品」って言ったの。品よ。

一部の心優しい人間さんたちは、殺処分0を目指せと動いてくれているけど、動物の命に対しての意識が低すぎ。
今やペットは、家族同然。それが「手回り品」なんて平気で私の顔を見ながら言うの。
ジャンヌは、この辺から改革しないと、一般の人に動物の命の尊さなんて感じてもらえないと思った。

アップ 
楽しかった旅行が、最後で台無しになった。
自分の子供として大事に育て、旅行にまで連れって行っているペットを、富士山駅の女性駅員に「手回り品」と言われ、隣で秘書は悔しくて泣いているし、最悪の旅行となった。

先日、猫ジャンヌは、飼い主である秘書の父親の墓参りにも行き孫ですって挨拶し、墓石にキス・ハグまでしてきたばかりだった。

そう、世の中には子供に恵まれなくペットを飼うことで、そこを埋めようとしている人もいることも忘れないでほしい。

例え切符にそう書いてあってもそれは昔からの昭和にできた切符の名称。今は平成。
航空会社でも約款等には搭乗者と書いてあるが、お客様・ご搭乗なされる方など言葉を選んでいるでしょう。

鉄道会社は運送業かもしれないけど、富士山・河口湖・山中湖などペット同伴のペンションが多い旅行者を対象にしている富士急線はサービス業の意識も持ってもらいたい。


もう富士急線なんて大嫌い!政治家の先生方なんとかして。
これは個別の鉄道会社が発行するときに使用する名称なの?
それとも運輸省で決められた名称なの?

ジャンヌは、鉄道会社にお願いします。
「ペット切符」という切符をちゃんと設けて下さい。
また、せめて接客のときに、私たちに向かって品なんて言わないで。
私たちは物・品ではありません。



猫ジャンヌの悲しかった経験、お誕生日旅行。
スポンサーサイト

カウンター(2013年7月11日~)

カテゴリ
プロフィール

memechan

Author:memechan

リンク 1
「トリップアドバイザーにお勧め  ブログとして認定されました♪」
リンク 2
「旅休ブログにお勧めブログとして認定されました♪」
リンク 3
FC2 おすすめブログ
FC2 BLOG おすすめブログ
猫リンク
猫達を助けたい、救いたい方へ
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。