スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カフェ ミニヨン うさぎカフェ 吉祥寺

カフェ ミニヨン うさぎカフェ 吉祥寺
S0690121_convert_20140526002715.jpg
猫カフェでなく、珍しい珍しいうさぎカフェ『カフェ ミニヨン』が吉祥寺に、5月24日土曜日オープンしました。オープンおめでとうございます。
光栄なことに、オープン初日オープン時間前に到着したので、一番目のお客となることができました。私にとって凄い記念すべきことです。
こちら『こどもペット塾』の著者勝俣先生が応援しているところで、正確にいえば第一号は勝俣先生。私は第3号。でもとりあえず、一緒にに入りましたので一番です。(すみません、どーでもいいことですよね。)

S0560102_convert_20140526001403.jpg
さて中に入ると、一見普通の喫茶店。

S0610107_convert_20140526001736.jpg
しかし、ガラスで仕切られたその奥に、こちらの特別なお部屋があるのです。そう夢のお部屋があるのです。

S0640114_convert_20140526001932.jpg
こちらがうさぎちゃんルーム。うさぎちゃんがたくさん。
こちらのオーナーはお食事も提供するので別々のほうがいいと思い、飲食スペースとふれあいスペースは分けたそうです。
これでしたら、特にウサギファンではないという人でも抵抗がないので、物珍しさだけでお食事がメインという方も大丈夫。
うさぎファン以外の友人でも、誘ってお食事・お茶に行けますよ。

S0680120_convert_20140526002307.jpg
と、こだわりを持ったオーナーが、こちら川村頼永様。
奥様であります店長の川村純子様にお伺いしましたところ、犬猫禁止の住宅で鳴かないウサギを飼ったら、ウサギのかわいさを再確認し、皆さんにもウサギの可愛さをもっと知って欲しいとのことでこちらをオープンされたそうです。社会貢献・うさぎ貢献ですね。

300縲€S0660117_convert_20140526003731300縲€S0670119_convert_20140526003817
さてさて飲食店、気になるのはお食事のメニュー。
こちらのコックさんは、カレーがお得意だそうで今回キーマカレーを頂きました。
盛り付けもウサギが付いてきます。サラダにもウサギの耳です。
味も美味しかったです。

S0730126_convert_20140526002042.jpg
さてさて、お食事の後は、ウサギさんとのふれあい。うさぎちゃんと遊べます。

S0700123_convert_20140526002324.jpg
初めて触るウサギ、感触が柔らかく気持ちがいい❤ うさぎの良さが初めてわかりました。本当に可愛い❤
猫カフェスタイルのうさぎカフェ、うさぎファンはもちろん話題を先取りしたい方にはお勧めです。近いうちにきっとTVなどでも取り上げられますよ。


カフェミニヨン
武蔵野市吉祥寺1-11-2もみじビル3F(駅からすぐ)
0422-26-7972


まだまだ珍しいうさぎカフェ、応援よろしくお願いいたします。
是非行ってあげて下さい。

2014年5月24日訪問





スポンサーサイト

奥大井湖上駅 接岨湖 大井川鉄道南アルプスあぷとライン 静岡県 

湖上駅 上から縲€DSCF8631_convert_20140505143219
(奥大井湖上駅のバス停を降りた所から、上から)

日本にも素晴らしい美しいところは沢山あります。
こちらは湖の真ん中にある駅、その名も湖上駅(奥大井湖上駅)。長島ダムのダム湖である接岨湖にかかる奥大井レインボーブリッジに挟まれた湖の上に浮かぶ秘境駅です。

右上から SCF8629_convert_20140505113358
(上から見た湖上駅に対し右側、これからトロッコ列車で渡ります。)

これからの季節、やはりドライブですよね。特に初夏は新緑が美しい。
私のブログをご覧になっている皆様に感謝を込めてご紹介したいのが、こちら静岡県接岨湖にある『大井湖上駅』とトロッコ電車『南アルプスあぷとライン(大井鉄道井川線)』。

左上からDSCF8625_convert_20140505135213
(湖上駅を上から見て左側の橋、これから歩いて渡ります。)

南アルプスあぷとラインは、大井川の上流部奥大井の渓谷を、ゆっくりと走る鉄道で、千頭~井川までの25.5kmを結びます。井川線区間は、水力発電所建設の資材運搬用トロッコとして建設され、山あいを縫うようにカーブ箇所が多く、トンネルも小型です。(大井川鉄道HPより)

髫取ョオDSCF8636_convert_20140505150408
(山道、けもの道を下り、この階段を下りる。⇒運動靴を推薦)

旅が大好きだが、家には先日新聞に出たロビイスト猫のジャンヌダルクちゃんと老猫クワンちゃん他がいて外泊ができない私には日帰りをしなければならない。日帰り旅行はほとんどが移動時間になり現地では効率よくハイライトポイントを回らないといけない。
ジャンヌの新聞記事http://jeannedarccat.blog.fc2.com/blog-category-1.html

陸橋九€€DSCF8638_convert_20140505151735
(階段を下りると、橋が見えてきました。これから渡ります。わくわく。)

以前一度来た。そのときは初めてだったこともあり、今考えると十分堪能できなかった。

鉄橋を渡る私SCF8643_convert_20140505151600
(陸橋を渡っている観光客)

前回来た記憶では、まず着いて、アプトラインのどこかの駅に車を止め、トロッコ列車に乗って湖上を渡りアプト接続を見学しどこかの駅で降り、その駅からから反対方向の列車に乗って戻ったことを思い出した。思い出しているうちに接続が悪くかなり時間がかかった記憶が蘇った。

駅からトンネルΝDSCF8659_convert_20140505144420

(橋を渡り、振り向くと、あの崖の上から来たのに気が付く。結構な高さに驚く。)

この日は7時半都内を出発し、ナビにより新東名を使い11時50分に奥泉駅に到着。ここで親切な駅員森下さんに効率よく乗れる方法を相談した。森下さんはアプトラインの各ポイントの魅力の説明をしてくれ、時刻表などを丁寧に調べて、スペシャルメニューを作ってくれた。

トロッコ列車SCF8662_convert_20140505140319
(いよいよトロッコ列車がきた。このトロッコ列車に乗り込む。)

駅員森下さんによる、12時時点での即席メニュー。
12:30大泉駅よりバス⇒奥大井湖上駅に11:48分頃到着⇒バス停より湖上駅まで移動この間約20分⇒湖上駅を13時15分ごろ出発⇒アプトの連結を体験⇒奥泉駅
たった一時間半で、こんなにも効率よく回れる方法をみつけ出してくれた。

車窓 湖上SCF8670_convert_20140505173814
(トロッコ電車に乗って、列車はすぐ橋を渡り始めた。車窓からはこんな感じ。)

細かくポイントごとのハイライトを確認すると、
奥泉駅⇒バス(バス車窓から眺めを堪能)⇒奥大井湖上バス停(湖上駅を上から全体を見学)⇒獣道ハイキング⇒湖上鉄橋遊歩道を歩く⇒階段を下りる(陸橋が見える、素晴らしい)⇒陸橋を自分の足で渡る⇒奥大井湖上駅(湖上駅の休憩所などを楽しむ)⇒列車に乗車⇒湖上の鉄橋を列車で渡る⇒トンネルを潜ったり森林を走るトロッコ列車を楽しむ⇒日本に一番の急勾配をアプトによって楽しむ⇒奥泉駅 

車窓 トロッコ列車SCF8686_convert_20140505174127
また、バスを利用したことで、一番上の写真のように、湖・湖上駅を上から見ることができた。さらに鉄橋の上を歩くなんて夢のようなことができた。以前はあの橋を列車で渡っただけだった。(それだけでも十分感動したが)そう今回は、湖上の陸橋を歩いて渡る+列車で渡るとダブルで楽しめた。
 さらに今回は、湖上駅の滞在を楽しむことができた。湖上駅は、その名の通りこの湖の中にある島で、駅を出て少し高台に行くと展望台のようなログハウスの休憩所などある。眺めも良くそこにいるだけでも特別なリゾートにいるような気分になった。

アプト連結SCF8672_convert_20140505174019
(こちらがアプト車の連結風景。 急勾配の上りは牽引役下りはブレーキ役)
この後アプト式を楽しむ。日本で唯一なんてすごいな。

勾配 DSCF8623_convert_20140505182846
(この急勾配をアプトの力で動かすらしいです。)
列車って勾配に弱いらしいのです。こちらは日本一の急勾配線路。アプトくんすごいです。こちら、アプト見学は本当におすすめです。
車掌さんDSCF8690_convert_20140505180136
(親切な車窓さん、ありがとう!!)
車内では、親切丁寧にガイドをしていた車窓さん。どこの席がアプトを一番実感ができるかを親切に教えて頂きとても素晴らしい列車の旅ができました。



こちら『大井川鉄道アプトライン』と『湖上駅』は本当にお勧めです。
現地でわからないことがあったら、駅員さんに聞いてください。きっと素晴らしアドバイスをくれると思います。


もう一つブログを始めました。
こちらはアクセス数が必要です。
是非ご覧ください。http://jeannedarccat.blog.fc2.com/
ご協力よろしくお願いいたします。


2014年4月末訪問

蒸気機関車SL見学 千頭駅 大井川鉄道

蒸気機関車SL見学 千頭駅 大井川鉄道
zenntai+DSCF8698_convert_20140505190355.jpg
SL列車。何か懐かしい香りがし、いくつになってもワクワクする不思議なもの。

DSCF8715_convert_20140505194020.jpg
それが、静岡県大井川鉄道では、なんと実際に走っているのに乗れてしまう。運行しているのだ。そうこちらは、動く博物館。
東京では鉄道公園・鉄道博物館などに行き、展示されているのを見学はしたことはあってが、、今現在運行されているのに乗れる機会がなかなかありませんね。

honntai+DSCF8699_convert_20140505191741.jpg
今回私は、同じ大井川鉄道のトロッコ列車、南アルプスアプトラインを楽しみ、井川線大泉駅で降りた。湖上鉄橋歩きとトロッコ列車の両方を楽しんでいたら、すでに昼の時間帯はすぎ2時となっていた。この周辺でまだ食べられところを駅員さんに伺った。とても親切な大泉駅の駅員さん鈴木さんは、千頭駅周辺に行ったほうがレストランがあると教えてくださった。また鈴木さんは、千頭駅には今ならSLが停まっている時間帯だから、入場料だけ見学できるとも勧めてくれた。

DSCF8702_convert_20140503012518.jpg
大井川鉄道の方はとても親切。今回は駅員さんのアドバイスの通り動きとても効率のいい旅ができた。大泉駅で朝プランを考えて下さった森下さん、親切な説明をしてくれる車窓さん、SL見学を勧めてくれた鈴木さん、アプトラインのスタッフは、とても親切で本当に鉄道が好きというのが感じられ、観光客としては気持ちがとても楽しかったです。親切な駅員さんたちがいなかたら今回こちらにも来れなかったし、アプトラインの楽しみ方も半分しか堪能できなかった。感謝感激です。(アプトラインについては別記事で)

DSCF8703_convert_20140505184342.jpg
(乗客車両)
せっかくのお勧め、千頭駅に向かった。入場料を払い駅構内にはいってみると、SLがあった。しかも先頭車両から蒸気がでている。蒸気機関車が煙を出しているのを始めてみた。年配の方から「昔は顔を窓から出したら汚れてね」と聞いたことがあった程度で、感激。

DSCF8707_convert_20140505191534.jpg
懐かしさ(実際には乗ったことがないけど)と、時間の移り変わりの激しさと虚しさも感じ車両の中も見学。

DSCF8708_convert_20140505191851.jpg
ほんのひとときだが座ってみると、天井の扇風機、木の床、木の椅子すべてがなつかしい。セピア色の写真の世界だ。

DSCF8706_convert_20140505185055.jpg
SLに興味がある方はもちろん、ない人でもこちらは絶対にお勧めです。乗車することをお勧めしますが、時間がない方は鈴木駅員さんがご紹介してくれた入場料だけを払って見学だけでも十分楽しめます。

お得な情報1
トーマス列車がこの夏から運行されるそうです。日本初らしいです。
DSCF8704_convert_20140505184443.jpg

お得な情報2
時刻表をみると、千頭駅から毎日一日3本が運行されているようで、
13:08、14:03、14:50 千頭駅発金谷駅行き
と、一番早い千頭駅の到着が11:11.
11:11~14:50 は、千頭駅で入場券のみで見学できます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



とっておきのお土産
『大井川鉄道に行ってきました。』ココア&プレーンクッキー
お土産+DSCF9232_convert_20140515115132

千頭駅で購入したのがこちらでした。
箱にSLの写真があり、あげた方から喜ばれ、またSLってやっぱり日本人は好きなのでしょうか話題が広がりました。
味も美味しく喜ばれる品なので、絶対お勧めの品です。

問い合わせ
㈲するがや
tel 054-238-7550

2014年4月下旬訪問

肉フェス 2014 駒沢公園 ジャンヌの訪問

肉フェス 2014 駒沢公園 ジャンヌの訪問
凄い人ブースS0829151_convert_20140504224734
凄い人GWもあと1日とちょっと、都内でちょっとお出かけをしたいという方におすすめなのが、駒沢公園で開催されています『肉フェス2014』。
開催日の初日、ジャンヌは、知り合いのエルサルバトル共和国セラヤンディア大使が出店され当日行かれると伺ったので行って参りました。今日は、元モロッコ大使の日向様、プレジデンシャル生命の猪飼さんと一緒です。

エルサルバトル共和国セラヤンディア大使1縲€S0569124_convert_20140504225651
(こちらの美人外国人、なんとエルサルバトル共和国・セラヤンディア大使です。)
会場は大盛況で、凄い人。ジャンヌはセラヤンディア大使にお会いできるか不安を抱いたところ、ジャンヌの動物たちを救う運命が味方しているのでしょうか、私たちが到着しとき、大使がちょうど休憩に向かわれすれ違い、無事お会いすることが出来ました。あと1分遅れたらお会いできなかったので奇跡です。

エルサルバトル共和国セラヤンディア大使2S0509118_convert_20140504224925
セラヤンディア大使は動物が大好き。大きなワンちゃん2匹飼っていて自らお散歩に連れって行ってあげるほどのお優しい方。動物愛護家でいらっしゃいます。ジャンヌを抱っこしてくださり写真を一緒に撮ってくださったのですが、撮影を終えても「まだしばらく抱っこしていたい。かわいい❤」と光栄なお言葉を頂きジャンヌは幸せです。感激ニャー❤

看板と列S0639131_convert_20140504221803
さてと、イベントの紹介ですが、テレビでもかなり放映されているのでご存知だと思いますが、有名レストランが出店されています。
こちらは、出店レストランの案内
http://food-nations.com/exhibitor.html

エルサルバトルS0619129_convert_20140504221549
また、世界の肉料理として数大使館からも出店されていました。こちらがエルサルバトル共和国のブース。

ペルーS0609128_convert_20140504221500
あ、ペルー大使館だ。犬派のエスカラ大使もお料理が大好きなのできっといらっしゃるはず、と期待しましたがお会いできずがっかり。
http://event-checker.blog.so-net.ne.jp/niku-fes

テーブルS0659133_convert_20140504221911
しかし、レストランの数は本当に凄いです。
もっと凄いのは各ブースの長い行列。一品ゲットするのに30分から1時間。GWピークだともっとかも。
お料理は、会場中央に、テーブル・ベンチが設置されているのでそちらで頂けます。

ププーサS0749143_convert_20140504224201
もちらん、私たちが頂いたのは、エルサルバトルの『ププーサ』。
とても美味しいかったです。

日向様 S0849153_convert_20140504230717
(元モロッコ大使・元マダカスカル大使の日向様)
元モロッコ大使の日向様もエルサルバトルの『ププーサ』に大満足。
日向様は、今やアロマの大家でいらっしゃいます。
https://www.youtube.com/watch?v=m4Esfu8WUa8

広場でS0679135_convert_20140504222017
『肉フェス』はとても楽しかったので、おススメです。また音楽イベントもあり楽しそうでした。
こちらは昼だけでなく、夜も開催されているので夜も素敵でしょうね。

ここで、ジャンヌからお得な情報⇒飲み物
ジャンヌ1 S0719140_convert_20140504222735
サントリーのブースでは、写真のような記念撮影をすると、ウーロン茶がもらえます。ジャンヌもゲットしました。猫がもらったのってきっとジャンヌが初めてだと思う。嬉しい。サントリー大好き❤


S0479115_convert_20140504224513.jpg
イベントの案内
http://food-nations.com/

http://event-checker.blog.so-net.ne.jp/niku-fes-attention



2014年5月上旬 猫 ジャンヌダルク訪問

サントリー様 ニャン権を認めて下さってありがとうニャー 『肉フェス』

『肉フェス』に、先日新聞に出た初の国会入りした猫ロビイストキャットのジャンヌダルクと行ってきました。
ジャンヌは、私が寝ている間に記事をよく書いてます。目が覚めるとジャンヌの記事をありました。
ジャンヌ1 S0719140_convert_20140504222735
駒沢公園で、このGW『肉フェス2014』が開催されている。ジャンヌは行ってきました。
その中で、サントリーのブースで凄い素敵なイベントがあった。よく観光名所・遊園地にに顔の部分だけが穴が開いて、そこに顔を入れて記念撮影するというものがありますが、サントリー様も、このようなものを今回用意されていました。

係員にご自分のカメラを渡し、サントリーの広告に自分の顔を入れたものを撮ってもらう。そしてその後写真を見る度に、「サントリーのウーロン茶」が飲みたくなるというもの。ジャンヌも秘書と一緒に並びました。犬さんも会場ではたくさん見ましたが並んでいたのはジャンヌだけでした。

ジャンヌ2S0709139_convert_20140504222618
さて、ジャンヌも番。緊張します。だって頭の大きさが違うんですもの。で、こんな感じに撮って頂きました。サントリーのスタッフさんたちはとてもいい方たちで、差別をせずに秘書とジャンヌ別々に2枚優しく撮ってくださいました。

このイベント、これでお終りではありません。写真を撮った人は帰りに参加賞として「サントリーのウーロン茶」がもらえます。これはかなりお得な情報です。
スタッフさん、最初は秘書の分しかくれなかったけど、ジャンヌだって一枚立派な写真をとりましたとお伝えすると、もう1本くれました。感激!!!人権成立でなく、ニャン権成立!
もううれしくって!
莠コ髢薙€€S0739142_convert_20140504222921_convert_20140505201818
行かれる方は、会場内の飲み物は、この方法でゲットしてください。記念にもなるし、楽しかったです。人間だとこんな感じです。右下のウーロン茶がもらえます。
サントリーのウーロン茶、肉によく合いとても美味しいです。

サントリーさま、サイコー。
サントリー万歳。

Food Nations 肉フェス
2014年5月2日-5月6日
11:00~22:00
駒沢オリンピック公園 中央広場
東京都世田谷区駒沢公園1−1
http://food-nations.com/


ジャンヌが国会に行った時の新聞記事
http://jeannedarccat.blog.fc2.com/blog-category-1.html

2014年5月2日 猫ジャンヌ訪問


カウンター(2013年7月11日~)

カテゴリ
プロフィール

memechan

Author:memechan

リンク 1
「トリップアドバイザーにお勧め  ブログとして認定されました♪」
リンク 2
「旅休ブログにお勧めブログとして認定されました♪」
リンク 3
FC2 おすすめブログ
FC2 BLOG おすすめブログ
猫リンク
猫達を助けたい、救いたい方へ
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。