スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マーメイド号 石巻から田代島 行き 網地島ライン

会社DSCF5026_convert_20130809141612
猫ファン皆さま、猫神社がある猫島こと、石巻市田代島に行って参りました。
まずは、石巻港に行って船の乗船券を買います。

船全体DSCF5028_convert_20130809141529
マーメイド号
石巻港から、石巻~田代島~網地島 という定期航路がある。
一日4便。朝一番は9時。
計算して9時の便に間に合うように東京を出発した。しかし途中東北自動車道で横転事故があり、全ての車輌が通行止めとなり一旦一般道路を走った。結局9時の便に間に合わず11時の便で出航。

船尾DSCF5038
石巻港を背に出航。

船内赤DSCF5041_convert_20130809141252
こちらが、マーメード号の中。

子供たちSCF5034_convert_20130809141431
この旅は、私の猫も連れてきた。シートにちょこんと座っている。この子たちは、猫神社に行って、神になります。
これはあくまでも私の夢の中の作り話ですが、私の祖先は神道13派のうちの一つの派の初代総院長。国立図書館にも本が残っている。100年以上たって末裔ですって戸籍の除籍簿を持って、先日ある神社を訪ねた。歓迎してもらえた。という夢をみた。
ですから、神社信奉者。神道では死んだら皆神様になれます。よろずの神です。
この子たちも、神になるため連れて来ました。

甲板「DSCF5036_convert_20130809141645
船の甲板では観光客が海を眺めながらカモメと遊んでいる。
この写真を撮った時偶然にカメラに収まっていたこの後ろ姿の方、不思議な縁で一緒に観光し友人となり、先日東京でもう一人この島であった猫友と一緒に再会し飲んだ。もちろん皆猫好き。猫について語れたいい瞬間だった。でも、御縁って不思議ですね。

猫島DSCF5044
あっ、島が見えてきました。

島45DSCF5045_convert_20130809141310
田代島の船の止まる港は、大泊、仁斗田とあります。猫神社に多少近いことから大泊で船を降りたが、夏以外こちらは止まらないこともあり寂しいところでした。こ結局大泊で降りたのは私たち三人だけだった。

付けるDSCF5050_convert_20130809141336
れから行かれれる方、仁斗田で降りた方がいいかと思います。仁斗田では、ボランティアの方がまっていてくださったり情報が入りやすいです。


海の色DSCF5051_convert_20130809141359
是非皆さまも猫島に行ってみてください。

網地島ライン公式HP
http://www12.ocn.ne.jp/~ajishima/

2013夏運航ダイヤル
http://www12.ocn.ne.jp/~ajishima/pg117.html
スポンサーサイト

一福(いっぷく) 牛たん 仙台名物 仙台市国分町

misesakiIMG_0115.jpg
牛タンといったら、仙台。仙台の有名な繁華街国分町にあります『牛たん 一福(いっぷく)』に行って来ました。

カウンターIMG_0114
この日は宮城県石巻市田代島、別名『猫島』に行って来ました。そうです、『猫島』は、住民の数より猫の数が多い島、猫神社があることでも有名な島です。猫好きは必ず一度は行ってみたいところですよね。その猫島に行って猫神社にお参りした帰りに寄ったのがこちら仙台市内。

席IMG_0113
噂では聞いていましたが、仙台は景気がよさそう。復興バブルだそうです。

塩IMG_0111味噌だれIMG_0110
お料理は、定番の塩漬け牛たん定食1350円、見味噌漬か牛たん定食1500をオーダー。定食にはテールスープとライスがセットになっていました。それにとろろも追加注文。

テールスープととろろIMG_0112牛タンの角煮IMG_0109
また、ちょっとしたカラクリで「牛タンの角煮スライス500円」をサービスしてもらいました。このカラクリはまたお伝えします。

IMG_0117.jpg
東京にも牛タン屋さんがありますが、味噌漬け牛たんは初めてでした。味も美味しかったのでおすすめです。

2012年8月中旬訪問

cocode SENDAI (ここで せんだい)  無料情報館 仙台市国分町

IMG_0107.jpg
東京から仙台に行っても、どこにどんなお店があって、どこが美味しいか、いくらぐらいが相場なのか、などなど、、、わかりません。そんな、非仙台市住民の助っ人になってくれる所を発見しました。

IMG_0105.jpg
この日は朝の3時に東京を出て『猫島』こと、『田代島』に行って来ました。帰りに松島を少し観光し仙台に戻ってきたのは7時ぐらい。ちょっと疲れています。
ガイドブックに載っていた牛タン屋に行きましたが、仙台はとても景気がいいらしく混んでいて、「1時間待ち」と言われました。疲れているのに歩いて探すしかないかと思っていた矢先、仙台人のお兄ちゃんが声をかけてくれました。

IMG_0104.jpg
客引きかな?と思うと、こちら情報館『cocode SENDAI ここでせんだい』のスタッフ。夜の街の観光案内所みたいな所。こちらでサービスはは、スタッフに聞くのもよし、ご自分で設置されたPCで検索するもよし、だそうです。

発券機IMG_0106
牛タン屋さんを探しているというと、「うちで提携しているお店があるからね。」といって空席の有無を電話で確認してくれ席の確保をしてくれました。そして、こちらからの紹介で行くとお客さんには特典があるそうで、クーポン発券機で発券してもらった券を持って紹介された店(牛たん一福)に行きました。(これが前の記事のカラクリです)


こちらは、土地勘のない方にはまるで夜の観光案内所という感じなのでお勧めです。スタッフの方もとても親切でしたので、探しているお店の雰囲気、値段、人数など細かく相談にものってもらえそうです。
仙台の国分町を知るには、こちらは便利なのでおすすめです。

2012年8月中旬訪問

櫻井 お食事処 松島 宮城県

松島IMG_0090
日本三景(松島・天橋立・厳島)の一つ、松島。こちらの遊覧船乗り場のちょうど前にあります『お食事処 櫻井』に行って参りました。

店全体IMG_0091
この日は、猫島こと、田代島へ向かっていました。
宮城県石巻港から田代島への定期船の数は少なく、午前中は2本。
朝3時過ぎに東京を出ましたが、運悪く交通事故により一時高速道路が閉鎖となり下を走ったので予定の時間に着くことができず、諦めて松島で朝9時に朝食にします。

店内1IMG_0092
さすが9時、いくら観光地といってもほとんどのお店は閉まってます。
こちら『お食事処 櫻井』は遊覧船乗り場にあるせいでしょうか、朝9時でも開いてました。

帆立焼き定食MG_0093
こちら松島の名物と伺うと帆立ということでしたので、『帆立定食』をいただきます。

帆立アップIMG_0094
美味しかったです。

こちらは、朝早くから営業していますし、駐車場もすぐでしたのでお勧めです。また遊覧船に乗られる方は、こちらでお食事をしながら待っているのもいいかもしれませね。

2012年8月中旬訪問

マンガあいランド 石巻市田代島

ちばてつやデザインDSCF5122
(ちばてつや先生デザイン)
『ねこ島』こと田代島。東北宮城県石巻市に『猫島』が本当に存在します。
その田代島に『マンガランド』という所があります。
http://www.city.ishinomaki.lg.jp/shokokanko/manga/ilandindex2.jsp
http://www.npo-tashirojima.jp/topics/manga/index.html

ねこDSCF5121
田代島のホームページに依りますと以下のように紹介されています。
「仮面ライダー」「サイボーグ009」などの優れた作品で知られる、漫画界のスーパースター石ノ森章太郎氏(宮城県・中田町出身)。 氏は田代島を訪れた際、その美しさに感動し、「いつか田代島に住みたい」と夢見ていました。 その夢はかなわず1998年他界。
その後、氏の思いは受け継がれ、生前親交の深かった著名な漫画家を中心とする「マンガジャパン」の支援を得て、石巻市のマンガランド構想の一翼を担う、まんが施設として、2000年4月仁斗田地区に「マンガランド」がオープンしました。
海が一望できる小高い丘の上にたつ「マンガランド」のシンボルは、漫画家ちばてつや氏・里中満知子氏デザインによるユニークな「マンガロッジ」。
「センターハウス」では、マンガ創作も体験できます。漫画ファンならずとも一度は訪れてみたいスポット。
自然の中で、心豊かなひとときが過ごせる施設として、幅広く人気を集めています。

楽しそうDSCF5119
まんが喫茶かまんが図書館かと思っていましたが、行ってみてびっくり。ロッジだの、キャンプ場だの、広くて楽しそうな所。

里中満智子デザインDSCF5129
ここのロッジは漫画家がデザインしたものが特徴。こちらは里中満智子先生が建物のデザインをされたそうです。

ちばてつやデザイン横 DSCF5123
コバルトブルーの海に囲まれ自然を満喫し、田代島の豊かな自然や風土に親しみながら学ぶことや、夢のあるマンガなどを描いてみるマンガ創作などが体験できる施設…。そんな夢をこの島で実現することができまるそうです。

【宿泊料】ロッジ宿泊9,000円、休憩2,500円、テントサイト宿泊1,500円、休憩800円
キャンプ用品一式がレンタル出来るそうです。

車DSCF5118
麻生総理大臣のマンガ博物館構想はとってもとっても残念ことにポシャってしまいましたが、東北石巻市の猫島(田代島)にこのような素晴らしいマンガロッジがあると嬉しいですね。是非東北石巻市にお出かけの際は行ってみてください。日本の漫画は、世界でかなり高い評価を得ていますので、もう一度『まんが博物館』を国レベルで検討してもらえると嬉しいですね。

2012年8月中旬訪問


カウンター(2013年7月11日~)

カテゴリ
プロフィール

memechan

Author:memechan

リンク 1
「トリップアドバイザーにお勧め  ブログとして認定されました♪」
リンク 2
「旅休ブログにお勧めブログとして認定されました♪」
リンク 3
FC2 おすすめブログ
FC2 BLOG おすすめブログ
猫リンク
猫達を助けたい、救いたい方へ
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。