スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Marina Bay Sandsマリーナベイ・サンズ シンガポール

建物DSCF7768
今インがポールで最も賑わっているのが、ここ『マリーナベイ・サンズ』ホテル。こちらは、他のホテルと違うのはカジノがあること。タクシーのダライバーに聞いてみると週末だけでなく平日まで混んでいるっというからすごい。

ホテル中吹き向けDSCF7993
(ホテル建物内の吹き向け)
実は今回泊まろうとしたが、JTB・近畿ツーリスト・HISま全てに問い合せをしたが取れなかった。スイートまでもがいっぱいだったらしい。 特に日本人の間ではスマップがコマーシャルしていたこともありすごい人気。

空中プールDSCF8032
(これが噂の空中プール)
ウキペディアに依りますと、
ラスベガスのカジノリゾート運営会社・ラスベガス・サンズによって開発され、500のテーブルと1,600のスロットマシーンが並ぶ、単独としては世界最大のカジノを中心に、2,561室のホテル、12万平方メートルのコンベンションセンター、7万4千平方メートルショッピングモール、美術館、シアター、グラスパビリオンなどを含んだ複合リゾートとなっている。設計はモシェ・サフディ(en) 、建設は双竜建設[1]。3棟のホテルは屋上にある1ヘクタールのテラス・「サンズ・スカイパーク」(Sands SkyPark)で繋がり、スカイパークは水平方向に340mの長さを誇る。3,900人が収容可能で、全長150mのインフィニティ・プール(視覚効果を取り入れて水面が永遠に続くように感じさせる)も備えている。これは地上200mにあり、屋上プールとしては世界最長である。

カジノ テーブルIMG_0106
(カジノ)
メインのカジノ。カジノのあるホテルは夜中眠れないときにちょっと遊びに行ったり出来るので好きです。

建物の中DSCF7428
この建物、カジノ・ホテル・ショッピングモールの複合施設。

建物の中アーチIMG_0102
ショッピングモール内も素敵で豪華。高級ブランドばかり。何年か前にクアラルンプール郊外の「ゲティンハイランド」という大きなカジノがあるホテルに数年ぶりに行ってリニューアルされ規模も大きくなっていたのに驚かされたがこちらはもっとすごい。

眺めDSCF8034
通りすがりのメイドさんにかたずけ中の部屋を見せてもらったが広めでセンスがよく眺めがいい。

タクシー待ちDSCF8046
(タクシーを待つ人の数)
そうこちら、ラスベガス式のホテル。だからとっても賑やか。去年か一昨年のシンガポールの経済発表でこのカジノで経済が潤ったというコメントを聞いていたが本当だった。このカジノのホテルだけでなく街中のホテルに人が並んで待っていた。タクシーは新車ばかり。新しくローンを組んでも回収できると確信があるらしくどの車もいい車。昔のシンガポールとは違う。日本もお台場にカジノ案があったがあれが実現していたら日本の活気も違っていたと思う。

こちらはとって華やかさがありエネルギーを感じられるので、行かれることをお勧めします。

2012年9月中旬訪問

スポンサーサイト

SKY on 57 マリーナサンズホテル内 シンガポール

エントランスDSCF7997
シンガポールで、地上57階の見晴らしのよいレストランカフェバー『SKY on 57』に行って来ました。

kannbann DSCF8024
こちらは、マリーナベイサンズの今話題の空中プールと同じフロアーにあります。

建物DSCF7768
57階でエレベーターを降りるとプールがあるのですが、係員が宿泊客かのチェックし外来はそこではじかれます。

店内入口付近DSCF8025
宿泊者以外の人はちょっとした展望台かここ『SKY on 57』で、食事をするかお茶をするかしかありません。

中央テーブルDSCF8003
この日は5時頃こちらに行きお茶をしました。

中テーブル窓側DSCF8016
レストラン・バーの方がメインなのでしょう外には観光客がいっぱいいたのに店内にはお客さんが誰もいなかったです。

アイスコーヒーDSCF8020
取りあえずアイスコーヒー一杯でも文句言われなかったです。
お客がいなかっただけかなのか、それとも5時に再びオープンするのに間近かだったから入れてくれてのかもしれない。

バルコニー席白DSCF8013
こんなにいい所でお茶が出来るのになんではいってこないだろうか知りませんが、夕方とっても優雅な時間が過ごせました。

バルコニー席黒DSCF7926
この日はちょっと風が強かったせいかバルコニー席には通してもらうことができませんでした。

外を向いているDSCF7925
しかしすごいですよね。小さめの私の肩ぐらいの高さのガラスの塀。日本なら考えられません。いつか必ず自殺者か酔っ払いが飛び降りて事件になると思う。そんなことを考えてしまうのは私だけでしょうか。

こちら『SKY on 57』は眺めもよく話題の建物なので、見学ついでに寄ってみることをお勧めします。

2012年9月中旬訪問

THE knolls カペラリゾートホテル セントーサ シンガポール

THE knolls CAPELLA Hotel Sentosa island Singapore
エントランスDSCF7886
6つ星のホテルがセントーサに出来たのというのでとりあえず朝食に行って来ました。

店内DSCF7885
ホテルはモダンなテイスト。

テーブルDSCF7887
レストランもスタイリッシュ。

カウンターDSCF7895
朝食はビュッフェ。もちろんコックさんがいてくれ目の前であなた好みの卵料理を作ってくれます。オムレツを頼みました。

台の上DSCF7893
品数も豊富

パンDSCF7945
よく見てくださいパンが並べられています。

パン2DSCF7960
パンの置き方にもセンスが光る。

フレンチトースト DSCF7956お皿DSCF7957
フレンチトーストは作って来てくれました。

フルーツDSCF7953
フルーツも豊富。今気が付きましたがココナッツまであったんですね。飲みたかったな。

外席DSCF7938
外の眺めを楽しみながらブレックファーストをしている人たちもいました。

お洒落な朝食をセントーサで楽しみたかったらこちらはお勧めです。

2012年9月中旬訪問

カペラ ホテル セントーサ島 シンガポール

CAPELLA Hotel Sentosa island Singapore
IMG_0082.jpg
久しぶりのセントーサ島。6ッ星の高級ホテルが出来ていました。

カペラロビーDSCF7921
エントランスの建物ロビーはコロニアル風。お決まりのシンガポールスタイル。

建物 DSCF7927
しかし、建物全体はごてごてした高級感はなくモダン。えって感じともいえる斬新さ。なぜか昔行ったメキシコ・ロスカボスのウェスティンを思い出します。

吹き抜け全体DSCF7929
悲しいが予算的に余裕がなかったので朝食に行ってみることにしました。さすがにセンスがいいホテル。またバブルを感じる。

吹き抜け2DSCF7883
とりあえず写真は撮ったので部屋の中まではわかりませんが雰囲気をお伝えします。

吹きぬけ 反対からDSCF7935
高台にあり景色が良く、吹き抜けのラウンジでとっても素敵。夕方カクテルを飲んだりするにはいいでしょう。

遠めプール全体DSCF7936
リゾートと言ったらプール。プールのデザインは重要。さすが6つ星ホテル素敵。

プール全体DSCF7962
シンガポーリアンは都会からすぐ近くにこんな素敵な所があり、週末ちょっとここで過ごすこと出来るので羨ましい。お台場ももう少し変わればいいのに、、

セントーサでゆっくり過ごす予定のある方にはお勧めです。

2012年9月中旬訪問


GUAN KEE ニュートンサーカス シンガポール

入口DSCF7761
かつてはシンガポールにツアーで行くと必ず入っていたのがニュートンサーカス。

円テーブルDSCF7752
シンガポールを代表する観光名所でもある屋台村。

全体DSCF7753
さまざまなお店が出店していて夜行くといつも賑わっている。
ここでは海鮮が有名。今回『元妃海鮮 GUAN KEE』で頂くことにした。

店DSCF7754
この日は『ラッフルズホテル』にランチに行ったら遅くて食べられずお茶だけになってしまったので3時という中途半端な時間でもランチができそうなこちら『ニュートンサーカスに来ました。

蟹DSCF7756やさいDSCF7758
シンガポールといえば、マッド蟹。日本では食べられない蟹。肉厚で美味しい。

海老DSCF7759ココナッツジュースDSCF7747
海鮮といえばエビ。まるでロブスターのように大きな海老。美味しかった。飲み物はやっぱり『ココナッツジュース』。

こちらは美味しいし楽しい雰囲気があるのでお勧めです。

2012年9月中旬訪問

カウンター(2013年7月11日~)

カテゴリ
プロフィール

memechan

Author:memechan

リンク 1
「トリップアドバイザーにお勧め  ブログとして認定されました♪」
リンク 2
「旅休ブログにお勧めブログとして認定されました♪」
リンク 3
FC2 おすすめブログ
FC2 BLOG おすすめブログ
猫リンク
猫達を助けたい、救いたい方へ
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。