スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神島 観光 三重県

神島 観光 三重県
DSC03047_convert_20140429104708.jpg
(島の高台からの景色)
三島由紀夫の『潮騒』の舞台になった『神島』。なんと島を一周しても歩いて一時間かかからないという小さな島で人口は400人ぐらいだという。
ここに来る前日、伊良湖ビューホテルで朝入浴していた時に出会った方が、前日『神島』に行って来たという。なぜかその小さな島が気になり行ってみることにした。

蟲カ蜈ィ菴泥SCF4192_convert_20140429112252
(到着まえ、船から見た島)
渥美半島の先端伊良湖から船が出ている。フェリーではなく人を渡す船だ。車は伊良湖において行かなければならない。
島に着き車がないことに不安を感じていたがそんな心配は無用だった。人が住んでいる島と聞いていたので、もっと大きな島を想像していたが、どこにでも歩いて行ける距離。 島には運搬するための車は数台あるが以前は島に車がなかったそうだ。そのかわりスクーターをよく見た。

豌大ョカ縺ィ螻アDSCF4196_convert_20140429113713
(船が島に近づいたときの船の中から、民家と山)
島の周りを回る歩道がある。一周しても1時間かからないほど小さい島。
ほとんど住民が住んでいるのは港に近いところ。
実はこちらを勧めてくれた方は79歳の方。その方はこの島に来て車がないことに気づき足が悪いためどこにも行けないに気づきすぐ帰ってきたそうです。その方がおっしゃった言葉が「歩けるうちに行った方がいいわよ」です。今までそんなことを考えたことがなかったけどそんな日がいつか訪れるんですね。有難いアドバイスに従った。

歩道山中DSCF4527
(遊歩道)
島を一周。足場はよくなかった。

kannban+豢玲ソッDSCF4504_convert_20140429103848
(洗濯場の看板)
こちらは今では観光名所の一つとなっている「洗濯場」。この島では水がとっても貴重だったらしい。看板に寄ると昭和54年に水道が完成したとか。すれ違った高齢の方とお話を伺ったが水はこの島では貴重だったそうです。当たり前のようにある水道に改めて感謝。
DSCF4506_convert_20140429104115.jpg
(昔の洗濯場)
そういえば私が初めてモルジブに行ったとときロヒフシ島に行った。当時それでも値段だけは高級だったのに、温水シャーなどはなく、時間限定の雨水だけ、その他の時間帯は蛇口をひねっても海水しか出てこないものだった。川の多い本島にいると分かりませんが、島って水が貴重なんですよね。あのときはモルジブでは真水の有難味を実感したもの。

逶」逧・@繧・≧DSCF4542_convert_20140429103648
(監的硝)
ここで日本軍は開発した大砲の飛行距離を、当時は肉眼で測っていたそうです。またこちらは吉永さゆり・山口百恵が主演した『潮騒』舞台になったところで、実際の撮影にも使われたそうです。

全体DSC03052
やはり海が綺麗ですね。

水も綺麗DSCF4554
ゴールデンウィークまだ4月だというのにあまりの綺麗さについ泳いでしまいました。フィリピンスタイルでそのままの格好でじゃぼん。フィリピンでは地元の人は皆そのままの格好で泳いでいて、水着を着ていたのがはずかしかったという記憶があります。(高級リゾートは別)。とっても気持ちがよかった。

灯台DSCF4525
こちらは観光名所となっている灯台。外観のみの見学。

さすが小説・映画の舞台になった、とっても素敵な、神秘的な島『神島』。ぜひ一度訪れてみてくさい。島の人たちはいい人たちでした。

2012年4月下旬訪問

スポンサーサイト

フジワラくん つる丸船長 ルフィー   神島 

フジワラくん つる丸船長 ルフィー   神島 
全体 DSCF4615_convert_20130808120939
旅の出会いは面白い。4月末ゴールデンウィークに三重県神島に行った。この旅行直前、ヘミングウェイの「老人と海」の映画を再び見て、小さな漁業の島に行ってみたくなり神島に行った。

ふじわらくんDSCF4608_convert_20130808120844
憧れの離島、神島に到着。漁師とお話がしてみたくなり夕方漁港に行った。そこで出会ったのがこちらの好青年、フジワラくん。明日の漁の支度をしていた。早朝出るから7時過ぎにまた来なよ。いいもの見せてあげる。と言われた。

下を向いているDSCF4604_convert_20130808120824
翌朝指定された時間に漁港に再び行くと、昨日あった船はすべて漁に出ていて、港は閑散としていた。そんな中、彼の船が一番乗りで帰ってきた。しかも大漁。獲ったものを見せてくれた。

貝 DSCF4606_convert_20130808121035
おまけに貝をその場でさばいてくれた。醤油もつけなかったけど海水が聞いていて味があり美味しかった。ご馳走様でした。初めての経験で嬉しかった。

ふじわらくん2 DSCF4617_convert_20130808120957
ふじわら君は、漫画『ワンピース』の主人公ルフィーのような元気のいい青年。彼は一人船長でがんばっている。またここでは、海に潜る漁もあるそうです。

下を向いているDSCF4604_convert_20130808120824
彼がルフィーのように凄いと思ったのは、なんと平気でサメとケンカするそうです。
この辺のサメは襲ってきたりするそうで、そんなとき彼はサメの頭にある急所をめがけて殴るそうで、すると大概のサメは逃げていくそうです。でも気の強いサメは再び向かってくるそうで、また同じ急所を殴ってやるそうです。
(ね、凄いでしょ。)

正面 DSCF4612_convert_20130808120909
私も昔、パラオ、ミクロネシアの島々、オーストラリアで潜っていた(ダイビング)のでよくサメ見かけました。普通にしているとサメって襲って来ないのですが、あれがある瞬間変貌すると大変な怖いものなんでしょうね。十代の頃の私もいたずらっ子でしたので、80cmぐらいのサメが岩場でお休みしているのをツンツンしてからかって遊んでいました。
(だから、フジワラくんの信じられないような話信じます。)

ルフィーのような元気なくれる人に会ってみたいと思ったら、三重県神島に行ってみてください。フジワラくんとても気さくな方でした。

東京ではお会いできない生活スタイルを送っている人たちがいる。
漁村の生活って覗いたことがなかった。今まで接したことのない人たちとの交流。旅の醍醐味ですね。私はお寿司屋さんに行くと彼のことをいつも思い出します。
とても素敵なひとときでした。

ダイバーさんへ
サメに襲われたら、上記の方法もいいかもしれません。売られた喧嘩は買わなくちゃ???

2012年4月末訪問


賢島駅 真珠の町 近鉄志摩線 

Kashikojima Station, Kinntestsu-Sima Line . Mie prefecture.
IMG_0015.jpg
こちらが、近鉄志摩線終点の賢島駅。真珠の街。賢島駅。
東京に帰るのに、駅まで友人に送ってもらった。ここまでは普通のお話し。でも今回は特別な駅までの送り方をしてもらいました。

DSCF4817.jpg
賢島駅は3分も歩けばそこは海。
そう駅までヨットで送ってもらった。さすがに初めての経験。ちょっとかっこいい。

IMG_0016.jpg
(こちらが近鉄線の車輌)
この電車は、賢島から名古屋に通じている。
私は途中の駅で降り、鳥羽港からフェリーに乗って渥美半島伊良湖に帰った。神島でついついヨットマン達(女性もいる)と気が合ってしまい、ヨットに乗せてもらいここ志摩まで来てしまいました。

DSCF4819.jpg
(駅のすぐ横には老舗の真珠屋さんがあった)
旅って人の出会いが面白いですね。私はとても人なっこいとかとてもフレンドリーと言われる。海外に一人旅していても結局いつも誰かといる。女性の友人もすぐ出来る。ブルネイに行った時などは飛行機で出会った女性と気が合い、観光案内をしてくれた。結局ホテルに泊まったのは最初の一泊だけであとは彼女の家に泊まった。そんなこともあった。今回もゴールデンウィークだったのでホテルが取れず、ヨットマンの一人の別宅を私たちにあてがって頂き泊まらせて頂いた。そんなこともあり今でもヨットマン達とお付き合いをさせて頂いている。旅は面白いです。

以前ブログで、この旅でお会いした人達をご紹介しましたが、志摩はリタイアしたヨットマンには最適らしい。お会いした男女5人は関西の都会からヨットのために移住し人生を楽しんでいる。この人たちと会ったら「リタイアしてからが本当の人生」とも感じてしまいたした。是非ご覧ください。本当に楽しそうです。
http://syumatsuyumeguri.blog.fc2.com/tb.php/338-487c73c5

2012年4月下旬訪問

神島 小学校・中学校 三重県

島全体DSCF4193
ここ渥美半島先端に位置する『神島』に、なんと、小学校13人中学校8人というアットホームな学校があります。しかも文部省の規定通りに科目ごとに先生が必要なのでなんと中学校の先生は生徒の数より多い。

zenntaiDSCF4559.jpg
この日神島を観光しながら散歩をしていましたら学校があり、校舎を覗いていたらちょうど職員室で、運よく先生二人とお話を伺うことが出来ました。
そのうちお一人が中学一年生の担任で何と生徒は1人だそうです。 先生一人につき生徒一人家庭教師状態。ですから、こちらでは先生が生徒の理解度を把握しており都会のようについていけない生徒を放置するようなことはありません。

kaidannDSCF4557.jpg
都会の落ちこぼれの生徒は本当にかわいそうで、どの時点でつまづいてしまったか先生も本人も把握できず放置されたまま改善できずとりあえず形式上卒業をする。たまにボランティアで勉強を見直したいという大人に勉強を教えたりすると、びっくりすることに小中学校で習ったことが理解できていない。小学校で習う基本的知識がなく何回も愕然としたことがあった。しかし会話をしていると頭の回転も悪くない。多分授業中聞き逃してしまったことが重なり、先生が何を話しているのか分からなくなって落ちこぼれ誰にも気づかれずそのまま放置されたのでしょう。

eDSCF4560.jpg
多分あの人たちも神島で育ったらそんな目にはあってなかったろうと思う。もしお子さんが落ちこぼれていたり非行ぽい行動をとっていたら住民票を移してこの島に預けてみるのもいいかもしれませんね。東京文京区では裕福なエリートなご家庭の熱心なお受験組が国立の小中学校に入れるため住民票を移したりと細工までしているので、逆の発想もいいかもしれませんよ。

都会では見たこともないのびのびとした学校に羨ましく感じました。

2012年4月下旬訪問

浜辺の店潮波サッパ お食事処 神島

外観DSCF4203
三重県渥美半島の先端伊良湖から船(フェリーはない)で行くと着いた港のすぐそばのある食堂こちら『浜辺の店潮波サッパ』。

外DSCF4576
島では旅館民宿は別として唯一の食堂かもしれません(私が見た限りでは)。何せ人口400人の島ですから。

店内DSCF4572
島内観光していたときに島の反対側で美味しいそうにお弁当を食べていた旅行者に聞くとやはりこちらで作ってもらったものだという。その方たちこの神島の名物「たこめし」を召しあがってました。

カウンターDSCF4573
お店の方は始めはちょっと無愛想かなと思いましたが、お話すると笑顔をみせてくれいい方たち。

テラステーブルDSCF4575
時間がゆっくり流れているこの神島。午前中島に到着し、島一周ゆっくり歩いて回ったがそれでも2時間で終わったのでこちらでのんびりとさせてもらう。バルコニー席がきもちいい。お料理も美味しい。


エイの和えものIMG_0086サザエIMG_0085
(エイの和えもの)        (サザエのつぼやき)
お食事も本当に美味しいです。

神島に日帰りで行かれる方で島を観光しながらピクニックランチをしたいという方はこちらで名物「たこめし」のお弁当を作ってもらって行かれた方がいいと思います。


2012年4月下旬訪問

カウンター(2013年7月11日~)

カテゴリ
プロフィール

memechan

Author:memechan

リンク 1
「トリップアドバイザーにお勧め  ブログとして認定されました♪」
リンク 2
「旅休ブログにお勧めブログとして認定されました♪」
リンク 3
FC2 おすすめブログ
FC2 BLOG おすすめブログ
猫リンク
猫達を助けたい、救いたい方へ
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。