スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画『みんな生きている』絶対見て下さい。お願いします。

映画『みんな生きている』絶対見て下さい。お願いします。

映画 『みんな生きている』  絶対見て下さい。お願いします。

500DSCF3374.jpg
墨田由梨様 東京都動物愛護推進員
新聞に載ったロビイスト猫ジャンヌと墨田おねえさまからのお願いです。
これから夏休み。
都内にいる人には是非お友達を誘って、東中野にあります映画館『ポレポレ東中野』行ってください。


600index_header3.jpg
映画館『ポレポレ東中野』では、8/15まで、毎日朝10:20~のモーニングショー『みんな生きている』を上映しています。

ストーリー
家族のように大切にされる飼い猫と、人知れず生まれ、死んでゆく野良猫。同じ猫なのに、何故こうも違うのか?野良猫は飼い主に捨てられた、もしくは不妊・去勢手術をしないまま家と外を行き来していた猫とその子どもたち。人が見捨てた猫たちなのだ。9年前、東京都練馬区に暮らす泉悦子監督は、娘が拾ってきた子猫を“エビ”と名付けて飼い始める。それをきっかけに、庭を訪れた野良猫を次々に保護し、今では4匹の猫たちと暮らしている。そんな泉監督がビデオカメラを手に、野良猫にかかわる行政、ボランティアグループ、獣医師、ドイツやアメリカの動物愛護施設まで取材を行なった。

イベントスケジュール
上記の日は、上映後に更にイベントがあります。イベントのトークショーでは、ゲストのお考え方など伺うことでき、とても勉強になります。



ジャンヌの顔アップマック
是非、東中野まで足を運んでください。
猫を代表してジャンヌからのお願いです。

猫代表して、泉監督、この映画に出てきている獣医師・ボランティアの皆様に御礼申し上げます。

元捨て猫ジャンヌダルク

この映画は、ジャンヌが応援している『猫達の幸せ守る会』と習志野市会議員で猫活動をがんばってくださっている杉山和春先生主宰の『習志野ハッピー』が以前上映会をしました。
この映画本当に皆様にご覧頂きたい、野良猫の現状を知って頂くには素晴らしい映画です。
スポンサーサイト

イタリアンレストラン『BOSSO』 木更津アウトレット内

DSCF1170.jpg


DSCF1169.jpg

DSCF1167.jpg

勝俣 和悦先生 『こどもペット塾』著者 ペット総合コンサルタント

勝俣 和悦先生 『こどもペット塾』著者 ペット総合コンサルタント
握手0028554_convert_20140428042835
(感謝を込めて、握手)
ジャンヌが拾われたとき、それは9月15日、まだまだ暑い日でした。目も見ええいない赤ちゃん猫を拾って動揺した秘書は、まず勝俣先生に電話した。気温が暑い9月だったのでジャンヌの秘書(飼い主)は保温のことをすっかり忘れていたが、勝俣先生は、まず保温と教えてくださった。

仔猫IMG_0490_convert_20140428045149
(ジャンヌが赤ちゃんだったときの写真)
そう、なぜ猫は一度に5匹ぐらい生まれるか?親がえさを捕りに行っている間でも兄弟同士お互いに保温ができるよう多数で生まれてくるのです。生まれたときは産毛しか生えていないのでとても寒いのです。人間だって夏でも裸ならすぐ風邪をひくでしょ。
だから、勝俣先生は、ジャンヌの命の恩人なのです。
ジャンヌは感謝を込めて、握手しました。

それなあに0018553_convert_20140428041700
勝俣先生の手に、なにやら本があります。
ジャンヌ「先生、これって何の本?」

表紙S0178577_convert_20140428045525
勝俣先生「僕が書いた本。こども向けの、ペット飼い方の本、親子で読んでもらいたい本だね。」
ジャンヌ「見せて、見せて。ジャンヌにも見せて。」

中S0018605_convert_20140428041412
ジャンヌ「ジャンヌ、このページがいい、最高。私たちの口は人間の口のように自由に音を作れない口の形の構造なの。だから私たちが何を伝えたいか、ちょっとした鳴き声の違いで理解してほしい。嬉しい~❤」

ジャンヌが気に入ったページのご紹介
勝俣先生の「ペット語じてんを作ってみよう」
動物はお話しできないけれど、毎日一緒にいると、少しずつ気持ちがわかってくる。耳、目、口、ひげ、尻尾、身体全部で気持ちを伝える。今どんな気持ちかな。ノートに書いたら自分だけのペット語辞典が出来上がり。

よろしく0118569_convert_20140428044349
(ジャンヌも、推薦します。是非読んでください。よろしくお願いいたします。)
ジャンヌ「これって、素晴らしいわ。子供だけでなく大人にも勧めて。もっと私たちのこと理解して欲しいの」

勝俣先生「そうだね。大人でも飼っている動物のこと全然理解していない人が多いね。以前僕は、『となりの「愛犬バカ」』というバカ飼い主のことを書いた本があるよ。」

ジャンヌ「勝俣先生は、本当に動物の味方。この本は子供はもちろん、大人でも楽しめるのでお勧めです。特に『自分のペット語辞典』作成は、思いやりの心を育てるのにとてもいいです。うちの秘書にも、『自分のペット語辞典』、「ジャンヌ語辞典」作ってもらわなくちゃ。」

2012年4月

カフェ ミニヨン うさぎカフェ 吉祥寺

カフェ ミニヨン うさぎカフェ 吉祥寺
S0690121_convert_20140526002715.jpg
猫カフェでなく、珍しい珍しいうさぎカフェ『カフェ ミニヨン』が吉祥寺に、5月24日土曜日オープンしました。オープンおめでとうございます。
光栄なことに、オープン初日オープン時間前に到着したので、一番目のお客となることができました。私にとって凄い記念すべきことです。
こちら『こどもペット塾』の著者勝俣先生が応援しているところで、正確にいえば第一号は勝俣先生。私は第3号。でもとりあえず、一緒にに入りましたので一番です。(すみません、どーでもいいことですよね。)

S0560102_convert_20140526001403.jpg
さて中に入ると、一見普通の喫茶店。

S0610107_convert_20140526001736.jpg
しかし、ガラスで仕切られたその奥に、こちらの特別なお部屋があるのです。そう夢のお部屋があるのです。

S0640114_convert_20140526001932.jpg
こちらがうさぎちゃんルーム。うさぎちゃんがたくさん。
こちらのオーナーはお食事も提供するので別々のほうがいいと思い、飲食スペースとふれあいスペースは分けたそうです。
これでしたら、特にウサギファンではないという人でも抵抗がないので、物珍しさだけでお食事がメインという方も大丈夫。
うさぎファン以外の友人でも、誘ってお食事・お茶に行けますよ。

S0680120_convert_20140526002307.jpg
と、こだわりを持ったオーナーが、こちら川村頼永様。
奥様であります店長の川村純子様にお伺いしましたところ、犬猫禁止の住宅で鳴かないウサギを飼ったら、ウサギのかわいさを再確認し、皆さんにもウサギの可愛さをもっと知って欲しいとのことでこちらをオープンされたそうです。社会貢献・うさぎ貢献ですね。

300縲€S0660117_convert_20140526003731300縲€S0670119_convert_20140526003817
さてさて飲食店、気になるのはお食事のメニュー。
こちらのコックさんは、カレーがお得意だそうで今回キーマカレーを頂きました。
盛り付けもウサギが付いてきます。サラダにもウサギの耳です。
味も美味しかったです。

S0730126_convert_20140526002042.jpg
さてさて、お食事の後は、ウサギさんとのふれあい。うさぎちゃんと遊べます。

S0700123_convert_20140526002324.jpg
初めて触るウサギ、感触が柔らかく気持ちがいい❤ うさぎの良さが初めてわかりました。本当に可愛い❤
猫カフェスタイルのうさぎカフェ、うさぎファンはもちろん話題を先取りしたい方にはお勧めです。近いうちにきっとTVなどでも取り上げられますよ。


カフェミニヨン
武蔵野市吉祥寺1-11-2もみじビル3F(駅からすぐ)
0422-26-7972


まだまだ珍しいうさぎカフェ、応援よろしくお願いいたします。
是非行ってあげて下さい。

2014年5月24日訪問





肉フェス 2014 駒沢公園 ジャンヌの訪問

肉フェス 2014 駒沢公園 ジャンヌの訪問
凄い人ブースS0829151_convert_20140504224734
凄い人GWもあと1日とちょっと、都内でちょっとお出かけをしたいという方におすすめなのが、駒沢公園で開催されています『肉フェス2014』。
開催日の初日、ジャンヌは、知り合いのエルサルバトル共和国セラヤンディア大使が出店され当日行かれると伺ったので行って参りました。今日は、元モロッコ大使の日向様、プレジデンシャル生命の猪飼さんと一緒です。

エルサルバトル共和国セラヤンディア大使1縲€S0569124_convert_20140504225651
(こちらの美人外国人、なんとエルサルバトル共和国・セラヤンディア大使です。)
会場は大盛況で、凄い人。ジャンヌはセラヤンディア大使にお会いできるか不安を抱いたところ、ジャンヌの動物たちを救う運命が味方しているのでしょうか、私たちが到着しとき、大使がちょうど休憩に向かわれすれ違い、無事お会いすることが出来ました。あと1分遅れたらお会いできなかったので奇跡です。

エルサルバトル共和国セラヤンディア大使2S0509118_convert_20140504224925
セラヤンディア大使は動物が大好き。大きなワンちゃん2匹飼っていて自らお散歩に連れって行ってあげるほどのお優しい方。動物愛護家でいらっしゃいます。ジャンヌを抱っこしてくださり写真を一緒に撮ってくださったのですが、撮影を終えても「まだしばらく抱っこしていたい。かわいい❤」と光栄なお言葉を頂きジャンヌは幸せです。感激ニャー❤

看板と列S0639131_convert_20140504221803
さてと、イベントの紹介ですが、テレビでもかなり放映されているのでご存知だと思いますが、有名レストランが出店されています。
こちらは、出店レストランの案内
http://food-nations.com/exhibitor.html

エルサルバトルS0619129_convert_20140504221549
また、世界の肉料理として数大使館からも出店されていました。こちらがエルサルバトル共和国のブース。

ペルーS0609128_convert_20140504221500
あ、ペルー大使館だ。犬派のエスカラ大使もお料理が大好きなのできっといらっしゃるはず、と期待しましたがお会いできずがっかり。
http://event-checker.blog.so-net.ne.jp/niku-fes

テーブルS0659133_convert_20140504221911
しかし、レストランの数は本当に凄いです。
もっと凄いのは各ブースの長い行列。一品ゲットするのに30分から1時間。GWピークだともっとかも。
お料理は、会場中央に、テーブル・ベンチが設置されているのでそちらで頂けます。

ププーサS0749143_convert_20140504224201
もちらん、私たちが頂いたのは、エルサルバトルの『ププーサ』。
とても美味しいかったです。

日向様 S0849153_convert_20140504230717
(元モロッコ大使・元マダカスカル大使の日向様)
元モロッコ大使の日向様もエルサルバトルの『ププーサ』に大満足。
日向様は、今やアロマの大家でいらっしゃいます。
https://www.youtube.com/watch?v=m4Esfu8WUa8

広場でS0679135_convert_20140504222017
『肉フェス』はとても楽しかったので、おススメです。また音楽イベントもあり楽しそうでした。
こちらは昼だけでなく、夜も開催されているので夜も素敵でしょうね。

ここで、ジャンヌからお得な情報⇒飲み物
ジャンヌ1 S0719140_convert_20140504222735
サントリーのブースでは、写真のような記念撮影をすると、ウーロン茶がもらえます。ジャンヌもゲットしました。猫がもらったのってきっとジャンヌが初めてだと思う。嬉しい。サントリー大好き❤


S0479115_convert_20140504224513.jpg
イベントの案内
http://food-nations.com/

http://event-checker.blog.so-net.ne.jp/niku-fes-attention



2014年5月上旬 猫 ジャンヌダルク訪問

カウンター(2013年7月11日~)

カテゴリ
プロフィール

memechan

Author:memechan

リンク 1
「トリップアドバイザーにお勧め  ブログとして認定されました♪」
リンク 2
「旅休ブログにお勧めブログとして認定されました♪」
リンク 3
FC2 おすすめブログ
FC2 BLOG おすすめブログ
猫リンク
猫達を助けたい、救いたい方へ
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。